お腹の中のちょうちょ

ピアニスト田坂麻木の音楽と関係あったりなかったりな日々の記録

オケ体験

先週の土曜日、

友人に誘われて参加した

"アインシュタインについてのレクチャー"の公演がデルフト工科大学でありました。
 

f:id:tasakamaki:20170525165431j:plain

 

 
このレクチャーは、
科学者でありコメディアンである朗読者が大筋を説明しながら、
ダンサーとオーケストラで、アインシュタインの発見を視覚と聴覚で紐解く、
というとても面白い構成でした。
 
いつも個人で活動することが多いピアニストとしては、
どんなに弾く量が少なかろうと、
その内8割は実際お客さんには聞こえていなかろうと、
リハーサル2日前に出演の打診が来ようと、
リハ当日まで何の曲を弾くのか知らされていなかろうと、
二つ返事で友人のお誘いにokし、私のオケ体験が始まりました。
 
学部生のときにも、プロジェクトや試験でオケに入ることはありましたが、吹奏楽団は初。
吹いてから音が出るまでに多少の時間がかかるので、私はフライングしてしまうことが多く…
ましてやキーボードではその辺の微調整がなかなか効かないので、新たな発見でした。
E=mc2 (え?= また ちょっと早い 2秒)といったところでしょうか。
 
指揮を見て弾くのも中々慣れず、合図こっちにください!という強い思いが鋭い眼光(光速度c)となって、
今回誘ってくれた友人である指揮者をぐさぐさ刺していたと思いますが、最後まで助けてくれました。ありがとう!
 
 
本番が始まる前に大学のステキ図書館の原っぱになっている屋根に登りみんなで記念写真。
このとき団員の何人かが私を中国人だと思っていたことが判明。
「あの中国人の子どうした?前に来ないと写らないよ!」
量子力、いや、両視力を今一度確認して欲しい。
私、真っ赤な口紅塗ると中国人に思える顔してるもの。みなさん良視力です。
 

f:id:tasakamaki:20170525165459j:plain

 
 
無事に本番を終え、楽器を片付け楽屋で休んでいると、
警備のおじさんが満面の笑みで携帯片手にやってきました。
「君の双子を見つけたよ!」
 
じゃーん!
 

f:id:tasakamaki:20170525170943j:plain

いや、また、中国人!
というかちょっと、歳、違うでしょう?!
これがアインシュタイン先生も驚く創造力の力?確かに世界が覆われたような気分でした。
 
そしてそのあとは打ち上げで3時まで飲み明かし、団員さん達との絆を深め泣く泣く別れを告げ帰宅。
2週間があっという間に過ぎ(あゝ、相対性理論やっと出せた…)思い出に浸っていたところ、
翌朝に教会でのバイトがあることを思い出し青ざめながら目覚ましを6個セットして眠りについたのでした。
 
(ちなみに4個目の目覚ましで起きました。)