お腹の中のちょうちょ

ピアニスト田坂麻木の音楽と関係あったりなかったりな日々の記録

【for B】④Rhapsody No.2/ラプソディー2番

今日はブラームスが作曲した2つのラプソディーop79/2について…

 

1877年から1879年にかけて、ブラームスは夏の間、オーストリア南部のケルンテン州にあるペルチャッハという町で過ごしました。

この町はアルプスの山々に囲まれ、ケルンテン州最大の湖、ヴェルダー湖が美しく水面を輝かせる自然豊かな地です。

ブラームスはこのペルチャッハの自然の美しさを好み、親交のあったクララ・シューマン(1819-1896)に宛てて「(ペルチャッハには)たくさんの旋律が飛び交っていて、それらの旋律を踏みつけないようにしなければならない」と手紙を書いたそうです。


このラプソディーも3回目の滞在であった1879年の夏に同地で作曲が開始され、翌年1880年ブラームス自身によって初演されました。


この作品はブラームスが最も心を許したと言われる弟子の作曲家エリーザベト・フォン・シュトックハウゼン(1847-1891)に献呈されています。


2曲からなるラプソディの、今回は2番をお届けします。曲の冒頭から1小節ごとに転調し、雄大な景色を作り上げます。大自然の寛大さをベースに、美しく儚げに奏でられる心情をお楽しみ頂ければとおもいます!

 

==============

田坂麻木 ピアノリサイタル

for B

2019/10/05(土)

19:00開演(18:30会場)

@和光大学ポプリホール鶴川

チケットはこちらから:

田坂麻木 ピアノリサイタル -for B- in東京 - パスマーケット

 

f:id:tasakamaki:20190922142506j:image