お腹の中のちょうちょ

ピアニスト田坂麻木の音楽と関係あったりなかったりな日々の記録

プログラムノート④-I ショパン/ノクターン 遺作 嬰ハ短調

 

こんばんは。

11月も残りわずかとなり、

リサイタルの本番が近づいてまいりました!

今日から3週に分けて、当日お届けするショパンの作品のついてブログを綴っていきたいと思います。

 

今回はノクターン 遺作 嬰ハ短調について。

1830年ごろ(当時20歳前後)ショパンが作曲したこの曲を捧げた相手は大好きな姉のルドヴィカでした。

 

ルドヴィカがピアノ協奏曲第2番短調を練習する時のための曲として書かれた、という説があります。
確かにピアノ協奏曲第2番にはこの遺作との共通点が所々に見られるのですが、このノクターンを練習用に使う…? 調も違い、歌い回しも違うので、果たして本当に練習用として献呈されたかは定かではありません。

 

もともとノクターンとして書かれた曲ではなく、

ルドヴィカがショパンの死後、彼の未出版作品のカタログを作った際に「夜想曲(ノクターン)風のレント(Lento w rodzaju Nokturna)」と記したことから、ノクターンに分類されることになりました。

 

 

 

1830年ショパンがこのノクターンを作曲したウィーンに到着したのは11月。

彼の故郷ワルシャワでは11月29日に、一部の士官候補生達がロシアの支配に反抗し、コンスタンチン大公を暗殺しようとする事件が起こります。

それをきっかけに両国は緊張状態に入り、ポーランドとロシアの間で本格的に戦争が起こる気配が漂い始めました。

 

大好きな故郷にいる愛すべき家族、友人達がいったいどんな危険にさらされてしまうのか…

不安に駆られ、祖国の平和を想い、家族の安否を願い…。

そんな中で書かれたこのノクターン

同時期に作曲された歌曲《願い》の中にある一節に

 

…もしも私がこの木立の小鳥なら、
 他のどんな場所でも歌わないわ、
 湖のためでも、森のためでもなく、
 だけどいつまでも永遠に、
 貴方の窓辺で、ただ貴方のためだけに……

 

と、あります。

小鳥になってすぐ家族の元へ飛んでいき、

自身が作曲した美しい音楽を届けたい、と想っていたのではないでしょうか。

 

このノクターンは胸を切るような物悲しいメロディーを切々と歌い続けますが、最後は明るい和音で終わります。

祖国と家族への愛。

どんな悲しみにくれようともその二つへの想いは変わらず心にいつも持ち続けていたのかもしれません。

 

 

 

 

プログラムノート③-プロコフィエフ/ピアノソナタ第3番

 

こんばんは!

近所の銀杏並木もすっかり黄色に染まり、日増しに寒さが身にしみるようになりました。みなさん、いかがお過ごしでしようか。

 

第3回目のプログラムノートは、

プロコフィエフピアノソナタ3番です。

 

私が個人的に好きな作曲家の1人です。

 

ロシア帝国時代のウクライナ出身のプロコフィエフはピアニストであった母から手ほどきを受け、5歳で作曲をはじめ、10歳で交響曲を書いてしまう天才児。

1904年13歳でロシアの名門、サンクトペテルブルク音楽院に入学しますが、彼にとって音楽院の授業は退屈なものばかり。しかし音楽院で優秀な仲間たちに恵まれ、たくさんの刺激を受け、彼の作曲に大きな影響を与えることとなります。

 

1907年にこのピアノソナタ第3番は練習で書かれました。

ん?

ということは、

16歳で書いたということ…ですよね?

10年後に改作したとはいえ、

本人曰く

『展開部と再現部はちょっと変えたけど、

全体像はそんな変えてないよ〜』とのこと。

恐るべし。

 

ちなみに展開部はハンバーガーでいうところの具のところ。再現部は下のバンズ、上のバンズは提示部といったところでしょうか。

 

エネルギッシュなオープニングで始まり、

そこから止まる事なく音楽が流れていくこのソナタ

プロコらしい打楽器的なピアノの使い方や、

和声、音の並び(まあ暗譜が難しい!)、

リズムで成る第一主題(上のバンズ①)に対し、

どこか切なく、懐かしい第2主題(上のバンズ②)が

左の半音の伴奏で支えられながら美しく歌います。

 

このソナタイ短調(ラから始まる暗い調)とされていますが、中身を覗くとたくさんの調で溢れています。そもそも曲の一番最初の和音はホ長調(ミから始まる明るい調)です。

 

 

ハイドン同様、

あまり知名度は高くないプロコフィエフ

ですが、一番聞くとハマってしまう彼の音楽。

ロミオとジュリエット、シンデレラなどの

バレエのロマンティックな曲もたくさん書いています。

ぜひ一度チェックしてみて下さい!

 

 

▽▲▽▲▽▲▽▲▽

田坂麻木 帰国記念リサイタル

2017年12月9日(土)

18時30分開演(18時開場)

古賀政男音楽博物館内けやきホール

チケットはこちらから:http://bit.ly/2euA7Gg

▽▲▽▲▽▲▽▲▽

 

 

プログラムノート②ードビュッシー/ベルガマスク組曲

みなさん、こんにちは!

三連休は秋晴れが続き、

とても気持ちが良かったですね!

 

さてプログラムノート第二回目は、

みなさんご存じ「月の光」が集録されている

ドビュッシー(1862-1918)作曲

ベルガマスク組曲です。

 

4つの小品からなるこの組曲

1890年ごろに着手され、

その15年後の1905年に

改訂版が出版されました。

 

長い年月の間 何度も改訂が施され、

集録する曲を変更してみたり、

はたまた

『続・ベルガマスク組曲』を創ろうとしてみたり、

試行錯誤の末に次の4曲に落ち着きました。

 

第1曲目: プレリュード

組曲の顔になる初めの曲、

前奏曲(プレリュード)。

世界が開けたような

明るいオープニングで始まります。

中間部で、

異空間のようなもの悲しさが訪れるのですが、

そこでは教会旋法が使われています。

17世紀頃のヨーロッパでは

長調短調が確立されていきますが、

それ以前の長―――――い音楽の歴史の中で、

教会音楽に用いられてきた旋法の事を

教会旋法と呼びます。

 

留学1年目に勉強していたこともあって、

この広い音域を使った自由なオープニングが

これからの留学生活に抱いている

沢山の夢や希望を音で表しているようで

当時の気持ちを思い出します!

 

第2曲目:メヌエット

メヌエットと聞いて頭に思い浮かぶ

「ズん・チャッ・チャッ」

という明確なリズムではなく、

なんだか揺れ動いているかのように聞こえる

この曲。

 

前述の教会旋法が巧みに使われ、

長調短調の音階が幾度も交わるので、

夜の薄暗さのような不気味さが少し伺えます。

最後にグリサンド

(鍵盤を指でトゥルルルと滑らせるアレです)で

フッと消えてしまうのですが、

この霧に溶けてしまうような終わりは、

次曲への繋がりなのでしょうか。。。

 

第3曲目:月の光

前の曲がラで終わるのに対し

こちらはラ♭で始まるのですが、

その半音のズレがなんだか幻想的で、

メヌエットからのバトンタッチが

美しく繋がれます。

 

 

実は

感傷的な散歩道

というタイトルが付けられていたのですが、

後に現在の題名に変更されました。

 

この曲はポール・ヴェルネールという詩人の

詩をもとに作曲されているといわれています。

 

・・・悲しく美しいあの月の光の静寂に

梢の鳥たちを夢に誘い

すらりとした大きな大理石の噴水を

うっとりすすり泣かせるあの月の光に

 

.....なんですか、

この儚く美しい言葉の羅列は!

 

また、ドビュッシーは恋多き人物だったようで、

18歳から不倫、浮気、二股、駆け落ち、

いろいろ経験しているのですが、

この曲もきっと

好きな女性に贈ったのではないでしょうか。

 

留学時代、

音楽院からの帰り道に

いつもお月様を探しながら

この曲を口ずさんでいました。

 

第4曲目:パスピエ

4曲の中でピアニストに一番人気のある

パスピエ(私の統計上ですが)。

ちなみに私の師匠も一番好きでした。

もともとはフランス古典舞曲である

パスピエの拍子は3拍子なのですが、

ドビュッシーはそれを4拍にアレンジして

作曲しています。

 

ひたすら八分音符(♪)が

曲を進めていく最後の最後に、

あっさり曲を終わらせてしまうドビュッシー

くぅ〜、憎いですね!

休符を置くことで無音にし、

逆に『音』を意識させるあたりが、憎い!

 

 

個々のキャラクターが

しっかり味付けされているのですが、

4曲並んでもお互いが前後の曲を邪魔しないどころか

各々の性格をきっちり際立たせているこの組曲

みなさん独自のストーリーと併せて、

当日楽しんでいただけたら幸いです!

 

 

 

△▼△▼△▼△▼△

田坂麻木 Maki Tasaka

12月9日(土)18:30開演

帰国記念リサイタル in Tokyo

◎チケットはこちらから http://bit.ly/2euA7Gg

▼△▼△▼△▼△▼

 

 

 

 

プログラムノート①-ハイドン/ピアノソナタ Hob XVI/34 ホ短調-

みなさん、こんにちは。

ご無沙汰しております。

お陰様で無事に6年間の留学生活を終え、

この秋日本に完全帰国致しました!

ヨーロッパで得た知識や経験を生かし、

これからは日本を拠点にリサイタルやレッスンだけでなく、

様々な形でクラシック音楽をよりたくさんの方々に

身近に感じて頂けるような活動をしていきたいと思っておりますので、

応援して頂けると嬉しいです!

 

その第一歩として、

12月9日(土)に帰国記念リサイタルを開催する運びとなりました。

それに伴い、当日お届けする曲目の解説や作曲家について、

こちらのブログで毎週末に更新していきたいと思います。

 

記念すべき第一回目は。。。

ハイドン

 

ハイドンと聞き、あぁ。あの人!と思い浮かばなかった方が、

多くいらっしゃるかと思います。

ハイドンさん、あまり認知度は高くないですよね。

確かにテレビや映画などで取り扱われる数は断然少ないです。

ただ、このハイドン古典派といわれる音楽におけるとても重要な流派の開祖さまのようなお方でして、同じくウィーンで活躍するモーツァルトベートーヴェンは彼の影響を多大に受けているのです。

 

そんな知名度は低くも、音楽界に貢献しているハイドン

とても賢いお方でした。

ピアノソナタだけで62曲(!)、弦楽四重奏68曲(!!)、交響曲108曲(!!!)と、

77年の生涯でこれだけの曲数を生み出した作曲家はなかなかいません。

1つのフレーム(様式)の中で、

巧みに遊んで、工夫して、構築してある彼の作品。

 

ピアノのコンクールを受けると必ず課題曲に入っていて、

そのために練習することが多かったハイドン

幼い頃ははあまり個人的に好きな作曲家ではなくて、

その当時は彼の賢さやユーモアがわからず、

古典派特有の”ピュアさ”がどうも苦手で、

先生には毎回怒られて、、、

その結果ハイドンを毛嫌いし、距離を置いてしまいました。

この人とは折りが合わない!と思い込んでいた私ですが、

どうやら神様は見ていたようで

苦手を克服するために、またハイドンに巡りあうことになりました。

 

その曲が、

ピアノソナタ Hob XVI/34 ホ短調

今回お届けするプログラム最初の曲です。

いやぁ、長かったです、ここまで来るのに10年かかりました。

ハイドンも勝手に嫌われ、距離を置かれ、案外良い人じゃないの!なんて思われて。

かわいそうに。。

 

ハイドンを毛嫌いしていた私ですが、

初めてこのソナタの録音を聴いたときに、

なんだか素直に「この曲を弾きたい」と思ったのです。

 

ハイドンソナタは大体が長調(明るい曲調)なのですが、

このソナタは珍しく短調(暗い曲調)から始まり、それも6/8拍子という

第1楽章に用いらることが稀な拍子で始まります。

 

ホ短調で始まった1楽章を、平行調であるト長調が温かく2楽章で受け止めるのですが、

この2楽章がピュアofピュアで、無駄な音は一切ない。

 

大の苦手だった古典の純粋さも、

大人になると”なんて美しいのだろう!!”と思うのですから、

音楽はやっぱりおもしろいです。

 

前述の平行調とはコインの表と裏のようなもので、

同じ調合(#や♭)を持っていながらも始まりの音の位置を変えるだけで

あら不思議、性格違うんですね!、となる調の関係性のことです。

 

そして最終楽章ではまたホ短調に戻り、

一つのテーマをアレンジしながら展開していく変奏曲のような形で終わります。

 

10分もない演奏時間の中で、ころころ顔が変わるハイドンソナタ

これを機に

「あの子ってちょっと優等生っぽくない?きっと冗談とか通じないタイプ。」

なんて思わず、ハイドンの楽曲に少しでも興味を持っていただけたら嬉しいです!

 

 

 

▽▲▽▲▽▲▽▲▽

田坂麻木 帰国記念リサイタル

2017年12月9日(土)

18時30分開演(18時開場)

古賀政男音楽博物館内けやきホール

チケットはこちらから:

▽▲▽▲▽▲▽▲▽

 

 

 

自慢

 

…させてください。
私の大切な人達のこと。


昨日の26日に25歳になりました。
小さい頃のように自分の誕生日を指折り数えてわくわく待つことは歳をとるごとに少なくなり、忘れてしまう年もあったりします。

それでも私の周りに居る優しさ溢れる人たちのおかげで、毎年幸せな1日を過ごしています。

そんな最高に幸せな1日をプレゼントしてくれた大切な人達のことを自慢させてください。


日本の友人から日本時間の12時ぴったりにメールをもらい、時差のおかげで7時間長いお誕生日を迎えました。

 

朝起きてキッチンに行くと、冷蔵庫のボードにルームメイトが書いてくれた Happy Birthday Makiの文字が。

f:id:tasakamaki:20170527231732j:image

 

同じ家に住んでいても中々会えないルームメイトがこんなサプライズを用意してくれていたなんて。

 

そして玄関には日本とオランダの家族、友人、親戚からのお手紙。

その中に少しお手紙にしては厚い郵便物があり、開けてみるとアルバムが入っていました。中身は日本の実家にいる愛犬の写真。差出人は高校の同級生で、なぜ彼女が写真を持っているのかわかりませんでしたが…。
彼女は私の母に連絡を取り、わざわざ実家にカメラを持って愛犬の写真を撮りに行ってくれたのです。
そんなことをしていてくれたなんて思いも寄らず、彼女の優しい心遣いに感動しました。

f:id:tasakamaki:20170527231817j:image

 

午後には試験前で忙しい中、優しい先輩たちが時間を作って会いに来てくれました。

 

お夕飯はオランダの家族と隣町のレストランへ。そこで、たくさんのプレゼントとお手紙を頂き、それだけで感無量だというのに、レストラン側からもサプライズが。


「私たちも今年25周年を迎え、あなたも今日25歳になったと伺いました。そこで25周年記念で用意したワインを我々からの誕生日プレゼントとして贈ります。」
と白ワインを頂いてしまったのです。

f:id:tasakamaki:20170527231840j:image

 

どんなに忙しい時を過ごしていても
メールをくれたり、
電話をくれたり、
手紙を出してくれたり、
いろいろ悩んでプレゼントを用意してくれたり、
思いも寄らない素敵なサプライズを考えてくれたり、
素晴らしく優しい人たちのおかげで最高の四半世紀の締めくくりとなりました。

 
どんなときも暖かく受け止めてくれる人たちが支えてくれるおかげで、
今日も私は私らしく生きていけます。

今日も、誕生日を迎えている誰かが、
優しさに溢れた時間を送っていますように。

 

オケ体験

先週の土曜日、

友人に誘われて参加した

"アインシュタインについてのレクチャー"の公演がデルフト工科大学でありました。
 

f:id:tasakamaki:20170525165431j:plain

 

 
このレクチャーは、
科学者でありコメディアンである朗読者が大筋を説明しながら、
ダンサーとオーケストラで、アインシュタインの発見を視覚と聴覚で紐解く、
というとても面白い構成でした。
 
いつも個人で活動することが多いピアニストとしては、
どんなに弾く量が少なかろうと、
その内8割は実際お客さんには聞こえていなかろうと、
リハーサル2日前に出演の打診が来ようと、
リハ当日まで何の曲を弾くのか知らされていなかろうと、
二つ返事で友人のお誘いにokし、私のオケ体験が始まりました。
 
学部生のときにも、プロジェクトや試験でオケに入ることはありましたが、吹奏楽団は初。
吹いてから音が出るまでに多少の時間がかかるので、私はフライングしてしまうことが多く…
ましてやキーボードではその辺の微調整がなかなか効かないので、新たな発見でした。
E=mc2 (え?= また ちょっと早い 2秒)といったところでしょうか。
 
指揮を見て弾くのも中々慣れず、合図こっちにください!という強い思いが鋭い眼光(光速度c)となって、
今回誘ってくれた友人である指揮者をぐさぐさ刺していたと思いますが、最後まで助けてくれました。ありがとう!
 
 
本番が始まる前に大学のステキ図書館の原っぱになっている屋根に登りみんなで記念写真。
このとき団員の何人かが私を中国人だと思っていたことが判明。
「あの中国人の子どうした?前に来ないと写らないよ!」
量子力、いや、両視力を今一度確認して欲しい。
私、真っ赤な口紅塗ると中国人に思える顔してるもの。みなさん良視力です。
 

f:id:tasakamaki:20170525165459j:plain

 
 
無事に本番を終え、楽器を片付け楽屋で休んでいると、
警備のおじさんが満面の笑みで携帯片手にやってきました。
「君の双子を見つけたよ!」
 
じゃーん!
 

f:id:tasakamaki:20170525170943j:plain

いや、また、中国人!
というかちょっと、歳、違うでしょう?!
これがアインシュタイン先生も驚く創造力の力?確かに世界が覆われたような気分でした。
 
そしてそのあとは打ち上げで3時まで飲み明かし、団員さん達との絆を深め泣く泣く別れを告げ帰宅。
2週間があっという間に過ぎ(あゝ、相対性理論やっと出せた…)思い出に浸っていたところ、
翌朝に教会でのバイトがあることを思い出し青ざめながら目覚ましを6個セットして眠りについたのでした。
 
(ちなみに4個目の目覚ましで起きました。)

なんて日だ!

と、叫びたくなるときも

たまにはありますよね。
 
今日はそんなある日についてのお話。
 
遡ること数ヶ月前、
修論提出に追われ、徹夜の日々を過ごしていました。
 
そんな睡眠時間も練習時間もままならない中、
私のスケジュール管理の甘さで、
1日に
ランチコンサート、
プレゼン、
バイト代理
が重なってしまいました。
 
ランチコンサートは市内の図書館。
同期から、
「図書館コンサートは覚悟しておいた方がいい。
会場はフロアの隅っこだけれど、
勉強している学生さん達と80人のお客さん達に囲まれる不思議空間はなんとも言えない。」
と忠告されていました。
 
彼女の助言通り、客席は満席。
その脇で勉強している学生さん達が居たり、移動している子供が居たり、まさに不思議空間…。
MCの方は何度訂正してもMaKo TasaKIが直らず始終一体誰のコンサートだったのか…と思いながらも会場を後に。
 
そして学校へ直行。大の苦手なプレゼンは、案の定
"宿敵パーカー大佐"(いつもパーカーを羽織っているサークルにいる男の子)によりコテンパンに打ちのめされ終了。
特に発音に対して厳しい意見をもらった私に、6年間一緒に苦楽を共にした同期は
「そんなことない!マキの英語がどれだけ成長したか!簡単な僕の名前すら発音出来なかったんだぞ!」
とフォローしてくれたのですが、フォローできてないよ。
もういいから、ね。でも、ありがとうね。
*パーカー大佐のおかげでプレゼン本番はうまくいきました。その時のお話はまた後日…
 
精神的ダメージを受けながらバイトへ。その日に限ってトラムが動かず、バスでしか目的地に到着できないことが判明。そのバスは3分後に出発。トラムの駅から全速力で走りなんとか飛び乗りました。
そしてバイト先に遅れる電話をしたところ、オランダ語しか通じない!(普段英語が通じる事に感謝しました)
私の約6年間の成果を試すときが来ました。
 
「Bus! nu! bus! nu!」
 
bus...bus(バス)
nu...now(今)
 
因みに発音は【ブス】【ヌ】です。
パーカー大佐も私のこの発音は馬鹿にできないはず。完璧でした。
バイト先の方は一瞬で何が起きたか察知してくださいましたから。
*後に私のあまりの慌て様から察知したのであって、なにを言っているのかわからなかったと判明しました
 
 
バイトを終え、23時半に帰宅。
今日はなんて日なんだ、、と珍しく気が滅入っていた所に一通のメールが。
図書館コンサートに来てくださったお客様の1人からでした。
 
『ステキなコンサートを本当にありがとう。天国にいるのかと思う様な演奏でした。』
 
 
この一言で"なんて最悪な日だ!"が
"なんて最高な日だ!"に変わり、
幸せな気分で眠ることが出来ました。
ありがとうを言わなくてはいけないのはいつも私の方です。
ありがとうございました。