お腹の中のちょうちょ

ピアニスト田坂麻木の音楽と関係あったりなかったりな日々の記録

【Opus.Yellow】終演致しました!


6/20(日)@和光大学ポプリホール鶴川

-Opus.Yellow-

お陰様で無事に終演致しました🌱🐝

 

今回はコロナ禍での開催でしたので、開催告知の際は正直なところお客様からの反応が怖かったです。不要不急と思われてしまう事、毎日更新される感染者数、まん防発令、緊急事態延長… リスクを背負って開催する事はただのエゴなのではないかと思いました。


それでも告知の直後から「開催待っていたよ!」「たのしみにしているよ!」とのお声を頂戴し、本番の舞台に上がるまで背中を押して頂きました。


当日は天気を不安視していましたが、ご来場頂いた皆様のパワーのお陰で晴れました🌻そして皆様が纏った黄色が客席を照らして下さいました。


カーディガンや

f:id:tasakamaki:20210627193348j:image

 

バンダナやハンカチ

f:id:tasakamaki:20210627193821j:image


f:id:tasakamaki:20210627193411j:image

 


バッグ

f:id:tasakamaki:20210627193440j:image


ワンピースにスカート

f:id:tasakamaki:20210627193507j:image

 


色々なところに黄色を散りばめて下さいました。

 


そしてお教室の子供達には専用のバッジを…🐝

f:id:tasakamaki:20210627193540j:image

 

 

会場に向かう途中、黄色を纏ったお客様同士が「あ!きっとこれからOpus.Yellowに向かうんだわ」と思って道中を楽しんでくださった事をあとから聞き、とても嬉しく思いました☺️🌼

 

 

そして、終演後に感想を送って下さった皆様、ありがとうございました。頂いた言葉の数々は、次回の演奏会だけでなく、これからの演奏活動を支えてくれる最高の贈り物です。みなさんが想像しているより遥か多くのパワーを頂いています。

この場をお借りして、心から感謝申し上げます!

 

 

またお会いできる日まで。

穏やかな日々をお過ごし下さい。

 


田坂麻木

 

 

 

 

【op.Yellow】⑤ファウストとメフィスト

さあ、今回でopus.Yellowに向けたプログラムノートは最終回になります✍️✨


演奏会最後を飾るのは、リストのメフィストワルツです。

この曲を初めて聴いた時のことを今でも覚えています。乱暴にヴァイオリンをかき鳴らすような音から始まったかと思うと一気に天に登り、曲中を悪魔が楽しそうに駆け回る様に衝撃を受けました。まるでディズニー映画のように描写と音の羅列がマッチしていて、登場人物の瞬きや、森の木々のゆらめきにも"効果音"がついているような…


このメフィストワルツとは、リストが惚れ込んだ「ファウスト伝説」からインスピレーションを受けて作曲されました。全6曲ある内の今回お届けする1番が最も演奏される機会が多い人気作品となっています。


ファウストとは、ドイツの伝説に登場する人物です。彼は学者として大成功を納めるも、自分の人生に満足しておらず、そのために悪魔(=メフィスト)と契約をして自身の魂と引き換えに果てしない知識と現世での幸福を得ました。


そんなファウストメフィストが村の農民たちが集う居酒屋に訪れます。愉快に歌い音楽を奏でる楽士からヴァイオリンを取り上げたメフィストは取り憑かれたかのように弾き始め、農民たちを陶酔のなかに引き込む。ファウストはそこで黒髪の美女に出会い心奪われ、誘惑し星の夜へと連れ出し、森の中に入ってゆきます。暗闇の森では夜泣き鶯が歌い……


官能的で悪魔的な音楽に、目がチカチカするような煌きや艶かしさが随所に流れています。


ぜひ怪しさをお楽しみ下さい。

 

それでは、皆様に久しぶりにお目にかかれる事を、心より楽しみにしております!

どうぞお気をつけてお越し下さい☺️

 


-------🐝〜…-----

【当日のコロナ感染予防に関するお願い】

・皆様のマスク着用

・場内でのお喋りは、お控えください

・贈物等、お控え頂きますようお願い致します。また直接の手渡しは禁止されておりますのでご了承頂けますよう宜しくお願いいたします。

-------🐝〜…-----

 

田坂麻木
ピアノリサイタル
音のパレットVol.3
Opus.Yellow

 

○日時/会場

2021/06/20(日)
14:30開演(14:00開場)
和光大学ポプリホール鶴川
ドレスコード:黄色*

ホールは外気との換気システムがあり、皆様にはマスク着用・アルコール消毒・ソーシャルディスタンス等のお願いをしながら、感染予防対策を徹底して参ります。

*ドレスコードの黄色につきましては、お洋服だけでなくアクセサリー、バッグ、マニキュア、靴などでも大丈夫です🙆‍♀️ またお楽しみの一つとして設けておりますので、新たにご用意頂く必要もございませんので、どうか無理のない範囲でお楽しみいただければ幸いです☺️🤲

 

 

○チケットについて

※下記URLにて当日まで販売しております
一般:3000円
学生:1500円※高校生以下

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/025w530ednm11.html

※東京都がロックダウン等によりリサイタルが中止になりました場合は、チケット代金全額を返金させて頂きます。

 

f:id:tasakamaki:20210616100744j:image

【op.Yellow】④ドビュッシーの音楽

今回の音のパレットを「黄色」に決めたとき、漠然とドビュッシーが頭に浮かびました。


巷の印象派の音楽会のポスターや、ドビュッシーが作曲する際に参考にした絵画の印象などから、なんとなく黄色のイメージが刷り込まれているような気がしていましたが、今回プログラムを組むために聴いたドビュッシーの音楽は私にとって黄色そのものでした。


きらきら澄んだ黄色、目が眩むよな鮮やかな黄色、そして湿り気を帯びた霞がかった黄色…。

それらの黄色を含んでいるのがドビュッシーでした。どれもが造られた色ではなく、自然界や人の感情から浮かび上がる黄色のように私には感じます。


もともと内気な性格だったと言われるドビュッシーの音楽は、内向的で内包的で大きなものを抱えているけれど、声を大にして叫び訴えるようなタイプではありません。

ただ、人間関係に奔放だった噂を信じると、「喜びの島」では、本当に悦んでいる姿が手にとるように感じられます。


ゴッホのひまわりの絵のように、黄色といえど、茶色を帯びていたり、灰色と混ざっていたり(=亜麻色)、光にかざすと消えてしまうような薄かったり、いくつもの黄色の花弁が重なり合ってできるような音楽だと感じました。


そんなドビュッシーの音楽からは、どこかで耳にしたことのある3曲をお届けします。

アラビア風の模様(唐草模様)を模した「アラベスク1番」、ドビュッシーが心を奪われた絶世の美女ガブリエルをモデルとして作曲されたとする「亜麻色の髪の乙女」、そして不徳の愛に喜び狂う「喜びの島」。


それぞれの黄色の色合いをお愉しみください。

 

 

----📒✍️--

田坂麻木
ピアノリサイタル
音のパレットVol.3
Opus.Yellow

 

○日時/会場

2021/06/20(日)
14:30開演(14:00開場)
和光大学ポプリホール鶴川
ドレスコード:黄色*

ホールは外気との換気システムがあり、皆様にはマスク着用・アルコール消毒・ソーシャルディスタンス等のお願いをしながら、感染予防対策を徹底して参ります。

*ドレスコードの黄色につきましては、お洋服だけでなくアクセサリー、バッグ、マニキュア、靴などでも大丈夫です🙆‍♀️ またお楽しみの一つとして設けておりますので、新たにご用意頂く必要もございませんので、どうか無理のない範囲でお楽しみいただければ幸いです☺️🤲

 

 

○チケットについて
一般:3000円
学生:1500円※高校生以下

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/025w530ednm11.html

※東京都がロックダウン等によりリサイタルが中止になりました場合は、チケット代金全額を返金させて頂きます。

 

 

 

 

【op.Yellow】③R.シューマン/ピアノソナタ第2番 ト短調 op.22

今日はシューマン ピアノソナタ第2番です。


このソナタ

雷のような和音から轟く1楽章、

秋にという歌曲からメロディを得た2楽章、

極めて早い3楽章、

プレスト(=急速に)という指示の4楽章、

と全4楽章から成り立ちます。

 


コロコロ変わる音楽性で有名なシューマンの楽曲からみると、こちらは"シューマンらしくない"と言われるソナタで、古典的でコンパクトなまとめ方をしています。


が、


1楽章には「できるだけ早く」と冒頭に記されているにも関わらず、最後の方では「もっと急速に」「さらに急速に」とまるで演奏者を煽るような指示を出し、駆り立てる音楽に拍車をかけてみたり、

全楽章通して、ピアニストとして名声をあげようと躍起になった挙句トレーニング器具で手を故障してから失墜のドン底になるものの、愛すべき人をどうにか自分のものにしたいという渇望が現れるシンコペーションの多用……と、十二分にシューマン本人の精神性は反映されているのではないでしょうか。

 


ドラマチックで、胸が苦しく成るような場面がたくさん出てきます。

 


楽器を弾くことの醍醐味の一つとして、同じ曲を歳を重ねる度に違う楽しみ方ができることだと思っているのですが、このシューマンソナタは私にとってまさにそれに当てはまる曲です。

 


初めて出会った高校生から、大学生、そして今…同じ曲なのに聴こえてくる音・見えてくるものが徐々に変化してきました。

 


今の私の等身大の演奏が、どうか届きますように。

----

 

----📒✍️--

田坂麻木
ピアノリサイタル
音のパレットVol.3
Opus.Yellow

 

○日時/会場

2021/06/20(日)
14:30開演(14:00開場)
和光大学ポプリホール鶴川
ドレスコード:黄色*

ホールは外気との換気システムがあり、皆様にはマスク着用・アルコール消毒・ソーシャルディスタンス等のお願いをしながら、感染予防対策を徹底して参ります。

*ドレスコードの黄色につきましては、お洋服だけでなくアクセサリー、バッグ、マニキュア、靴などでも大丈夫です🙆‍♀️ またお楽しみの一つとして設けておりますので、新たにご用意頂く必要もございませんので、どうか無理のない範囲でお楽しみいただければ幸いです☺️🤲

 

 

○チケットについて
一般:3000円
学生:1500円※高校生以下

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/025w530ednm11.html

※東京都がロックダウン等によりリサイタルが中止になりました場合は、チケット代金全額を返金させて頂きます。

 

 

【Op.Yellow】②3匹の蝶々

今回で3回目となる【音のパレットシリーズ】。

これまでは感情や形のない物に色を当てはめることが多かったのですが、今回はじめての生き物の登場です!


〜ひらひら舞う蝶…💫〜

タイトルや愛称で名付けられる蝶々たちにはどんな意味があるのか、"蝶々"と呼ばれる3曲を並べました。


①E.グリーグ 蝶々 ー抒情小品集 第3集  Op.43-1

ノルウェーの作曲家であるグリーグが思い描く蝶は、花から花へ自由自在に飛び回ります。ヒラヒラと羽を重ね合わせ、鱗粉がちらちらと舞うように白鍵と黒鍵を交互に行き交う半音階がたくさん現れます。

 

②F.ショパン 蝶々 ー練習曲op.25-9

ショパンは自分の曲にタイトルを付けることをあまり好まなかったので、こちらは愛称で「蝶々」と名付けられています。グリーグの自然の中でヒラヒラ舞う蝶とは打って変わり、こちらは可愛らしい蝶が陽気に飛んでいるようです。手を広げて弾くオクターブと、鍵盤の上をあちらこちらに跳んでいく動きとが組み合わさり、弾いている手の動きが蝶のようにも感じます。


③R.シューマン パピヨン ーop.2

こちらはタイトルに「パピヨン(=蝶々)」とシューマン本人が付けていますが、前述2曲のように蝶を模倣したり、動きから蝶を連想したり…という蝶そのものとは直接の関わりはありません。

では何かというと…

シューマンは子供のころから文学に強い関心があり、その中でも、ドイツの幻想詩人ジャン・パウル・リヒターに強くあこがれていました。「パピヨン」は、そんな彼の小説『生意気ざかり』からインスピレーションをうけて作られました。

タイトルとなっている「パピヨン(蝶々)」は、ジャン・パウルの文学の中で、ロマン的な詩的理念の象徴としてよく現れます。


12曲の小品からなるシューマンパピヨンは、

夢想家ヴァルトと情熱家ヴルトの双子兄弟が同じ女性に恋をして、仮面舞踏会で彼女がどちらを選ぶかという物語になっています。


そして、1つ1つ、シューマン自身が付けた標題があります。出版する最終段階でその標題は削除することになったのですが、第1曲から順に,1.仮面舞踏会,2.ヴァルト,3.ヴルト,4.仮面,5.ヴィーナス, 6.ヴルトの踊り,7.仮面の交換,8.告白,9.怒り,10.仮面をぬぐ,11.大急ぎ,12.情景と帰り行く兄弟, というタイトルが付けられる予定でした。


ころころと劇的に変化する音楽は、当時の聴衆には中々受け入れ難く非難されることもありましたが、シューマンがピアニストとしての活動を始めた直後に作られたこの作品には、軽やかさやキラメキがふんだんに込められています☺️

 

3匹の蝶の舞をお楽しみください🌱

 

--📒✍️--

田坂麻木
ピアノリサイタル
音のパレットVol.3
Opus.Yellow

 

○日時/会場

2021/06/20(日)
14:30開演(14:00開場)
和光大学ポプリホール鶴川
ドレスコード:黄色

ホールは外気との換気システムがあり、皆様にはマスク着用・アルコール消毒・ソーシャルディスタンス等のお願いをしながら、感染予防対策を徹底して参ります。

 

○チケットについて
一般:3000円
学生:1500円※高校生以下

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/025w530ednm11.html

※東京都がロックダウン等によりリサイタルが中止になりました場合は、チケット代金全額を返金させて頂きます。

 

 

【Op.Yellow】①W.A.モーツァルト/きらきら星変奏曲

 

みなさまお変わりなくお過ごしでいらっしゃいますでしょうか🌿

 

東京都の緊急事態宣言が6月20日まで延長になりましたが、会場施設の宣言下ガイドラインの入場者数の制限等対策に基づき、開催を予定しております

皆様にお会いできることを心より楽しみにお待ちしております☺️

 

----📝----


さて、毎回恒例のプログラムノートを全5回に渡って更新していきたいと思います☺︎ 当日お配りするプログラムには入りきらない曲目解説やこぼれ話などを記していきたいと思います☺️

 

①W.A.モーツァルト きらきら星変奏曲

ーフランスの歌曲「ああ、お母さん、あなたに申しましょう」による12の変奏曲ー

 

みなさんご存知のきらきら星のメロディー、もとはフランスで流行していた「ああ、お母さん、あなたに申しましょう」 ("Ah! vous dirai-je, maman") という恋の歌でした。


キャッチーなメロディが耳に馴染みやすく、シャンソンとして歌われていた当時から人気を博しましたが、イギリスの詩人、ジェーン・テイラーが"The Star" による替え歌"Twinkle, twinkle, little star"(きらめく小さなお星様)が童謡として世界的に広まることになり、さまざまな言語に翻訳され、世界中で愛される歌になりました。これは1806年のことです。

 

モーツァルトがこの変奏曲を作曲したのは1778年。恋の歌がきらきら星に変身する前の事でした。

 

モーツァルトが生きていた時代のピアニストは、即興演奏に長けていることが必要とされていました。その場で与えられた音楽を即座に飾り付け、発展させる…。瞬間に生まれる芸術に大きな意味がありました。そしてモーツァルトは即興の名手でした。その場で生まれた新鮮な音たちを、なるべく遊びごごろを失わずに楽譜に閉じ込めることができるのが、彼にとって変奏曲だったのではないでしょうか。

現に、モーツァルトはたくさんの変奏曲を書いており、そのどれもが鍵盤の上を楽しく遊んでいる様に感じられるのです☺️

 

恋のきらきらと、お星様のきらきら、そしてモーツァルトの遊びごごろを楽しんでいただけたら嬉しいです☺️

 

----📒✍️--

田坂麻木
ピアノリサイタル
音のパレットVol.3
Opus.Yellow

 

○日時/会場

2021/06/20(日)
14:30開演(14:00開場)
和光大学ポプリホール鶴川
ドレスコード:黄色

ホールは外気との換気システムがあり、皆様にはマスク着用・アルコール消毒・ソーシャルディスタンス等のお願いをしながら、感染予防対策を徹底して参ります。

 

○チケットについて
一般:3000円
学生:1500円※高校生以下

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/025w530ednm11.html

※東京都がロックダウン等によりリサイタルが中止になりました場合は、チケット代金全額を返金させて頂きます。

 

【演奏会のお知らせ】


大変ご無沙汰しております。

皆様お元気でいらっしゃいますでしょうか🌷

 


昨年秋に中止となったリサイタルを6月に開催する事なりました。外出が難しい世の中ではありますが、爽やかな初夏のひとときを同じ空間で過ごす事が出来ましたら幸いです!


----📒✍️--


予定していた演奏会が延期・中止になったり、観客数の規定が厳しくなり半分から無観客になったり…。昨年は未曾有の事態に、世界中が試行錯誤し、濃霧をかき分けながら、もがき歩いていたように思います。目に見えないものとたたかう難しさは未だに払拭できませんが、締め切った部屋の窓を開け、気持ちのいい風が肌を伝い、新緑に目を癒し、子供たちの笑い声が聞こえ、お気に入りのコーヒーを飲む……そんなちょっとした幸せがあったことを思い出しながら、今私にできることを考えました。

 


自粛生活が始まってから、人とのコミュニケーションにもパーティションができてしまったように思っていましたが、「生の音楽にずーっと飢えているの!早く聴きたい!」と常連様や友人達から温かいお言葉を頂戴し、娯楽は不要不急か、という問いに後退りする背中を強く押し返して頂きました。お気持ち、本当に嬉しかったです。


久しぶりの初夏の公演。予定していた秋のプログラムを一新し、悶々とした日々の気持ちを吹き飛ばしてくれるような爽やかな音楽を集めました。

会場で皆様とお会いできることを、心より楽しみにしております!

 

 

----📒✍️--

 

田坂麻木
ピアノリサイタル
音のパレットVol.3
Opus.Yellow

○日時/会場

2021/06/20(日)
14:30開演(14:00開場)
和光大学ポプリホール鶴川
ドレスコード:黄色

ホールは外気との換気システムがあり、皆様にはマスク着用・アルコール消毒・ソーシャルディスタンス等のお願いをしながら、感染予防対策を徹底して参ります。

 

 

○チケットについて
一般:3000円
学生:1500円※高校生以下

チケット販売は5月22日(土)9:00より販売させて頂く予定でおります。また、ホールのあります東京都がロックダウン等によりリサイタルが中止になりました場合は、チケット代金全額を返金させて頂きます。

 

f:id:tasakamaki:20210506200931j:image